クラウド利用で利便性向上|パソコンが起動しないなら原因を突き止める必要がある

クラウド利用で利便性向上

ファイル

メールはリスクが高い

ビジネスの現場でファイルのやり取りをすることはよくあります。最近では大容量のファイルをやり取りする機会も増加しています。ファイル転送を行う際に一般的に利用するソフトはメールです。メールにファイルを添付して転送することで送りたい個人にファイルを簡単に送信することができます。しかしメールサーバーには容量があります。大容量のファイルを添付することで他のメールの送受信の妨げになることもあるのです。そのためファイル転送にメールを通常利用することはあまりおすすめできるものではないのです。またメールはセキュリティが低く、迷惑メールなどの被害も出ています。ビジネスにリスクを与えることもあるため、メールを通常利用することはしない方が得策なのです。

リスクを軽減させる

ファイル転送におすすめなのが専用のストレージを使用することです。社内であれば、社内専用のネットワークに特化したストレージを作成する事も可能ですが、社外とのやり取りや外出先でのファイル操作を考慮するとクラウドサービスを利用することがおすすめです。クラウドサービスの容量は契約によって変更する事ができます。そのためファイル転送専用の容量を確保しておくことで大容量のファイルもストレスなく送信することができるのです。また、クラウドサービスの利用によって、セキュリティ強化をすることができます。アップロード時に加えて、ダウンロード時にもセキュリティをかけることにより、ウィルス感染などのリスクを最小限にとどめることができます。