煩わしい作業を快適に|パソコンが起動しないなら原因を突き止める必要がある

煩わしい作業を快適に

ディスクケース

長く保存するために

映像を扱う企業では、大量の映像データの管理が重要になってきます。古い記録メディアで管理を続けていると、劣化により記録が消えてしまうかもしれません。より安定した保管が可能なDVDメディアへダビングしておけば安心です。DVDへのダビングをする時には、記録を安定させることが重要です。なるべく品質の高いメディアを選ぶことで、長期保存性を高めることができます。傷が付きにくいか、耐候性に優れているか、なども考慮して選ぶと良いでしょう。ダビングすべき映像データの数が多い時には、自動でDVDへダビングしてくれる装置の購入も検討してください。この装置はマスターとなるDVDとコピー用のメディアをセットすると、次々と新しいメディアへとダビングを進めてくれます。メディアを入れ替える手間が省けるため、作業の効率化につながる装置です。

大量コピーも簡単に

データをDVDへダビングする作業は、時間がかかるのが最大の難点です。これを解消するには、ある程度データが溜まったらその都度ダビングをしておくようにします。タスク管理などで定期的に作業するよう設定しておけば、まとまった時間を割く必要もなくなります。プロモーション映像などをDVDで配布する場合には、ダビング作業を専門業者へ依頼するのも良い選択肢です。映像データの入ったメディアだけ渡しておけば、確実にDVDへダビングした上で納入してくれます。ここでは記録メディアの品質も指定できるので、配布用にはコスト重視のメディアを、クライアントへの納入用には品質重視のメディアを指定するといったことも可能です。費用はかかるものの、記録品質も高く検討する価値のあるサービスと言えます。