専門店に依頼するのが得策

男女

パソコンを落下させてしまい起動しなくなった場合はすぐに専門店に相談してデータ復元を行うようにしましょう。専門店では破損したHD内から大切なデータを読み出し、外部記録メディアへと保存するデータ復元サービスを行っています。このデータ復元サービスを利用すれば高い確率で大切なデータを復元することができます。

もっと知ろう

クラウド利用で利便性向上

ファイル

ビジネスでファイル転送を使用する機会は数多くあります。一般的に簡単に送信することのできるメールソフトを利用することが多いのですが、セキュリティ面や容量面がネックになっています。クラウドを利用することでリスク管理もできるようになります。

もっと知ろう

煩わしい作業を快適に

ディスクケース

映像などをDVDへダビングする場合、メディアの品質を考慮しておくと長期間に渡る保存性を高めることができます。ダビングする数が多い時には、自動で作業を繰り返す装置の導入や、ダビングの専門業者への依頼を検討します。

もっと知ろう

原因を把握するには

IT

マザーボードの信号とは

クリエイターの職場ではパソコンをそれぞれの利用目的に応じて自作で用意する事も増えていますが、パソコンが起動しない現象も一番よく遭遇するエラーです。長い間パソコンを使っている職場では部品の一部分を交換する方も増えており、その中で一番遭遇するエラーが電源ユニットの破損か部品が他の部品と合っていないという状況です。この二つはパソコンが起動しない時に必ずマザーボードがエラーを知らせるランプを点灯させるのです。部品が合っていない場合は電源を入れていないのにオレンジのランプが点灯する事があり、電源ユニットが破損している場合はランプが点滅するという現象が起きます。なのでこのランプの状況によって何が起動しない原因になっているのかをある程度把握できるようになっています。

目に見えないエラー

新しいオフィスにパソコンを搬入すると何故か前のオフィスでは起動できたパソコンが起動でいない状況になる事があります。多くの場合これは必要なケーブルや部品が搬入時に抜けてしまう事が原因で、発生しています。特にビデオカードが抜けてしまう事はよくある事で、電源を入れても画面が映らないため起動しないと勘違いしてしまう方も多くいます。電源をオンにしてハードディスクのアクセス音が聞こえる場合は、パソコンが起動している状態なのでモニターの故障か、ビデオカードの接触不良を疑いましょう。どの部品が起動しない原因なのか分からない場合は、オフィス内の他のパソコンの部品を一度付け替えてどの組み合わせなら起動するのかを調べると、より詳細な原因を突き止める事ができるのでお勧めです。また、修理業者に依頼して復旧作業を任せるのもいいでしょう。知識不足な社員が修理をすると、本来の業務に支障をきたしてしまったり、内部データが失われる可能性があります。より優秀な業者に依頼したい方は、比較サイトを観覧するのがおすすめです。サイトでは業者ごとのサービスの細かな違いを紹介しているので、どこが自社に相応しいのか簡単に判断することができます。